保護者の同意があれば?学生の審査通過テクニック

学生のキャッシング審査の裏側見せます!

学生といっても、何かと付き合いや飲み会、合コンなど様々な出費が必要になることは多々あるものです。

しかし、その都度、必要経費を賄えるだけのお金を持っているかといえば、けしてそんなことはないでしょう。

そういったときは、まず両親にお金を貸してくれないかを頼んでみる…これも1つの方法ですが、「合コンでお金が必要だから」など、なぜお金が必要なのかという理由によっては、なかなか「お金を貸して」と頼めないこともあるでしょう。

実は、キャッシングは学生でも利用できるものも多数あります。

キャッシングと言うと、正社員のように安定した収入がなければ、事前の審査の時点で落ちてしまい、門前払いされるだけというイメージが強いかもしれません。

確かに、銀行系のキャッシングではその審査の基準が厳しいために、どうしても学生の場合は借入が難しくなりますが、消費者金融系のキャッシングであれば、借入も十分に可能です。

学生と言っても誰でも借入ができるというわけではありません。

まずは20歳以上であることを条件としていることが多いようですが、18歳以上であっても保護者の同意があれば、審査に通過できる場合もあります。

また、アルバイトやパートなどでも問題ないので、毎月、安定して収入があることも条件となってきます。

つまり、正社員でなければキャッシングは利用できないということはなく、たとえアルバイトでも収入があれば、審査に十分通過できるだけの資格を持っています。

ただし、学生でキャッシングを利用する場合は、キャッシングを使用しなくて済む方法はないかを模索すること、そして利用する場合はきちんと返済できるかどうかを綿密に計画を立てることも重要です。

学生だからこそ、キャッシングは計画的に利用するようにしましょう。